2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


All about of burn.Invitational
ここにあるんですが、docファイルなんですよね…。
うちの非力なPCには辛いので書き直してみました。
つってもほぼコピペしただけですけど。

all about of burn.doc

All about of burn.Invitational Japan Tour2005

本書は、burn.Invitational Japan Tour2005の公式ルールブックとして使用します。本書を熟読した上で、参加・運営をして頂きたいと思います。尚、2005年度の第一次開催可能店舗の項目は削除します。

第1条 (プレーヤーの参加資格)

以下の条件に該当する選手は、参加資格があるものとします。

  1. 20歳以上の成人。
  2. ダーツを3投投げることが出来る。
  3. 大会プログラム(以下、プログラムという)の際に、撮影された肖像権について、後に印刷物及び映像として、当人の承諾なしに使用することを承諾して頂ける方。但し、本決勝については、この限りではありません。

以下の要項に抵触したプレーヤー(以下、選手という)はプログラムが進行していたとしても、参加資格を剥奪されるものとします。尚、欠格期間は最低でも1年間とし、その行為の重度により延長する恐れがあります。2006年度より施行予定されているburn.Invitatational委員会(以下、委員会という)が企画する全てのプログラム(※1)にも同様に参加資格を剥奪されます。
(例:罵声・誹謗中傷・暴力行為・虚偽の報告の他、他の選手の迷惑となる行為をした選手。又は、プログラムの進行に支障をきたすような行為(遅刻等)をした選手)

  1. ダーツの総重量が20gを越えるダーツを使用した選手。但し、若干の誤差は許容範囲とする。
  2. 大会に参加する為に、飲酒運転及び酒気帯び運転の恐れがあるにも関わらず、自動車を使用して参加した選手。又は、自動車で参加している選手に対し、アルコール類の摂取を強要した選手。
  3. プログラムの第1次予選を通過したにも関わらず、他の第1次予選に出場した選手。
  4. プログラム中に、刑事責任を負うことになった選手。
  5. プログラム内の試合結果を、賭博行為の対象として、その賭博行為に参加した選手。
  6. 年齢等、委員会が提示を求めた個人データについて、虚偽の報告をした選手。
  7. 委員会が規定したプレー時における禁止行為に抵触した選手。(後記、禁止行為参照)
※ 1)委員会が予定している2006年度プログラム(予定)
  1. burn.Invitational Double Impact(2006年1月開催予定)
  2. burn.Invitational Ladies(2006年1月開催予定。Japan Tour2006予定)
  3. Allstar Weekend
  4. burn.Professional(仮称。プロ登録を認定された選手達のみが出場出来る賞金トーナメント。年6〜10回を予定。)

第2条 (プログラムの消化方法)

以下のスケジュール進行に沿って、プログラムを消化して頂くことになります。
1.第一次予選
全国の店舗で開催される「第一次予選」と称されるトーナメント(以下、大会という)の一つの大会で、4位まで入賞すると、第二次予選への出場権を獲得出来ます。第二次予選への出場権を獲得した選手は、獲得した時点より、他の第1次予選への出場を禁止させて頂きます。尚、優勝した選手のみ(2〜4位入賞の選手は、第二次予選への出場権利のみとなります)、その優勝した店舗より、第二次予選出定に必要な経費(交通費及び第二次予選参加の為のエントリー費)が支給されることとなります。但し、必要以上に、この経費を店舗に対して請求することは禁止させて頂きます。第二次予選会場は、近隣県を予定しておりますので、基本的には宿泊の必要がないように考慮しておりますが、遠隔地及び離島・大会開始時間の都合によって、どうしても大会前日に宿泊の必要がある場合には、その旨を店舗にお伝え下さい。この場合、店舗から支給される費用は、その店舗で行われた大会のエントリー費の総額を越えない事とします。必要経費の精算方法やその他方式に関しては、優勝者とその店舗様の2者間で、最良の方法を決定して下さい。それ以上に費用が掛かる場合には、選手の負担として下さい。尚、ゲーム費用に関しては、ブロック決勝までは、各自選手の負担とさせて頂きます。(FINAL及び本決勝では、委員会がゲーム代を負担致します。本決勝では、飲食代金及び宿泊代金も委員会が負担させて頂きます)
尚、この必要経費の支給に関しては、第1次予選のみに適用するものとします。
第二次予選への出場者が、委員会の想定している人数よりも減少した場合(開催協力店舗の突然のキャンセル及び第二次予選への出場権を保有している選手の、私的理由での出場断念等)には、補充する為に、委員会が自ら大会を運営することがあります。この場合、日時及び開催場所を、公式サイトにて発表します。
2. 第二次予選
委員会が指定した店舗で開催されることとします。第一次予選で優勝した選手は、なるべく優勝者同士がかぶらないように、各開催店舗に振り分けられるものとします。使用台は、D-1を使用することとし、この第二次予選からスタッツ制度を導入します。大会方式は、予選はラウンドロビン、決勝トーナメントでの決着方式を採用します。次のブロック決勝への出場権獲得の条件は、各所で行われる第二次予選の優勝者及び準優勝者とします。ブロック決勝進出者に欠員が出た場合に、このスタッツが適用されることとします。欠員が出た大会に出場した選手の中で、平均スタッツの高い順に、出場権が移行されることとします。
3. ブロック決勝
委員会が指定した店舗で開催されることとします。大会方式は、予選はラウンドロビン、決勝トーナメントでの決着方式を採用します。第二次予選と同様に、スタッツ制度を導入し、FINAL進出者に欠員が出た場合は、第二次予選と同様にスタッツ制度によって、出場権がスライドされることとします。FINALへの出場権獲得の条件は、各所で行われるブロック決勝での優勝者及び準優勝者とします。
4. FINAL
本決勝の前日に、本決勝開催場所(現段階では、横浜を予定)の近隣で、5人一組のラウンドロビン(合計5ブロック)を行います。この各ブロックの一位通過者が、翌日の本決勝に進出出来ることとします。尚、このFINALで新たに11人のシード選手が加入します。
5. 本決勝
委員会が指定した開催場所で行います。尚、本決勝ではDVD撮影を予定していますので、予めご了承下さい。本決勝では、シード選手が5名加入することとなります。本決勝に勝ち上がった選手には、委員会よりDVD出演料及び宿泊費が支払われます。宿泊施設は、委員会が指定した宿泊施設をご用意しております。
当日は、インタビュー及び撮影にご協力願います。

第3条 (ゲーム)

プログラムで適用するゲームは以下の通りです。
第一次予選→予選「501-クリケット-501」、決勝トーナメント「501-クリケット-501」
第二次予選→予選「701-クリケット-701」、決勝トーナメント「701-クリケット-チョイス」
ブロック決勝→予選「701-クリケット-チョイス」、決勝トーナメント「701-クリケット-701-クリケット-チョイス」
FINAL→「701-クリケット-701-クリケット-チョイス」
本決勝→予選「701-クリケット-701-クリケット-チョイス」、決勝トーナメント「701-クリケット-701-クリケット-チョイス」
  1. 01は全ての大会に於て、マスターアウトを採用します。
  2. チョイスで選択出来るゲームは、各大会に指定されている01及びクリケットのみとします。
  3. このゲーム方式以外での試合消化は認めません。

第4条 (ゲーム時の注意点及び禁止事項)

  1. ゲーム開始時には、遅滞なくその大会スタッフが指定した台に遅滞なく移動し、ゲームを消化して下さい。
  2. ゲーム開始前の練習スローは、2スロー(全6投)とします。
  3. 練習スロー終了後、ジャンケンにより、コークの順序を決定して下さい。コークでの先攻・後攻の決定は、ビットで決定することとして、ダーツをインブルのセンターに、より近く投げた選手が先攻とします。仮に、先にコークを投げた選手のダーツがインブルのセンターに刺さった場合、次に投げる選手は、この最初に刺さったダーツを抜くことが出来ます。
  4. 一投でもスローラインを越えて投げたスローは無効とし、獲得した点数及びマーク数は加算されないものとします。スローラインを越えてスローしたことが、2回以上発覚した場合には、「失格」とします。尚、FINAL及び本決勝ではハード用スローライン「オーキ」を使用します。
  5. 使用するボードが誤反応した場合には、以下の方法を採用して下さい。大会責任者及びオフィシャルがいる場合には、大会責任者及びオフィシャルの指示に従って下さい。
    1. 明らかに刺さったボードナンバーと表示されたナンバーが違う場合には、リバースアラウンド乃至リワインドショットを使用し、刺さったボードナンバーに訂正して下さい。この場合、対戦相手の承諾を必ず得るようにして下さい。
    2. 前に投げたダーツに反応した場合には、どの場所に刺さったにも関わらず、そのままゲームを進行して下さい。
    3. 刺さらなかった場合は、反応・未反応問わず、そのままゲームを進行して下さい。この場合で、明らかに誤反応と思えるナンバーを認識したと表示された場合においても、同様とします。
  6. 01で、最終ラウンドを終了しても、互いにフィニッシュ出来なかった場合には、残りの数字が低い選手の勝利とします。尚、残りの数字が同数の場合には、コーク(前述)で決定するものとします。
  7. クリケットで、最終ラウンドを終了しても、互いにフィニッシュ出来なかった場合には、獲得点数の多い選手の勝利とします。この獲得点数が同数だった場合、コーク(前述)で決定することとします。
  8. プレーしている最中、観戦者との会話を禁止します。アドバイスを受けた時点で、失格とさせて頂きますので、お気をつけ下さい。観戦者の方も、プレーしている選手にアドバイスと取られる発言をした場合には、そのアドバイスを受けた選手及びその観戦者がプログラムに参加している場合には、その観戦者も失格となります。
  9. 対戦相手がスロー中に、プレーに支障をきたす様な行為を禁止します。
  10. 本条内の「失格」とは、その出場している大会のみの「失格者」となるのであって、その大会以降の大会には出場することが出来ます。第1条で明記している、「権利剥奪」とは違いますので、お間違えのないようにお願いします。

第5条 (第二次予選及びブロック決勝の会場の決定について)

委員会は、開催に妥当と思われる第二次予選及びブロック決勝を行う為の会場及び店舗を決定します。この場合の、審査基準は以下の通りです。
  1. D-1を公式ボードとして使用出来る店舗乃至会場。(2005年度に限定)
  2. 32人のシングルストーナメントを開催可能な店舗及び会場。
  3. 使用ボードが、最低でも4台ある店舗及び会場。
  4. 開催場所が決定次第、公式サイトにて遅滞なくお知らせ致します。

第6条 (第一次予選の開催方法)

  1. 開催日が決定したと同時に、エントリーを開始して下さい。開催日の確認と、氏名及び連絡先をお聞き下さい。今回は、「個人エントリー」ですので、個人名だけで結構です。(ホームを聞く必要はございません)夕方からの開催及び平日開催乃至ミッドナイトトーナメントの場合には、受付の際に、時間の都合の承諾を必ず得て下さい。人数が定員数になった時点で、受付を終了して下さい。開催日2日前に、必ず担当オフィシャルへ連絡をして下さい。
  2. ラウンドロビンの都合上、試合数が増加してしまうこと及び参加選手の均等が取れなくなってしまう恐れがありますので、定員数以上の受付は堅く禁止させて頂きます。尚、定員数に満たなかった場合には、成立する参加人数は以下の通りです。
    16名のトーナメントを予定していた場合→10名以上で予選は成立するものとします。
    32名のトーナメントを予定していた場合→20名以上で予選は成立するものとします。
    64名のトーナメントを予定していた場合→50名以上で予選は成立するものとします。
    委員会では、開催時間短縮のためラウンドロビン形式を推奨していますが、やむを得ない理由により参加人数が増減した場合は、トーナメント方式をダブルエリミネーションに変更してください。
    この場合には、別紙「第一次予選組み合わせ」(all.xls)をご覧下さい。
  3. 開催日当日は、試合開始予定の1時間前に、参加者に集合して頂くようにご配慮下さい。
    ブロック決めは、カード等を使用した、くじ引きで行って下さい。ブロックが決定次第、各ブロック同時乃至順次進行して下さい。尚、ラウンドロビンの際には、別紙「ラウンドロビン表」をご使用頂ければ、スムーズな進行が可能となっております。
  4. 決勝は、トーナメント形式で行って頂きます。ルーザーなしで行って下さい。
    各ブロックの一位通過者同士で行って下さい。再度、くじ引き等で、枠を決定し、試合を開始してください。
  5. ブロック内で、結果が同一だった場合、落としたレッグ数が最も少ない選手が一位通過とし、落としたレッグ数も同一の場合には、各ブロック内で、その同一であった選手同士で、501(マスターアウト)の1レッグで勝敗を決めて頂きます。同一選手が3人である場合には、巴戦とし、先に2連勝した選手が一位通過とします。尚、この順序の決定方法は、3人でじゃんけんの後、コークを同時に行い、インブルのセンターに最も近い選手から先に試合をして下さい。

第7条 (エントリー費及び会計について)

  1. 当プログラムは、利潤追求を求めるプログラムではない為、プログラム中に、集計された費用及び経費、その他金銭に掛かる一切をプログラム終了後に開示します。但し、プログラム終了後に発売される予定のDVD等出版物については、流動的な為にこの開示に含まれないものとします。
  2. 各大会のエントリー費は、一律3,000円とします。このうち、500円を委員会の運営費として徴収させて頂きます。
  3. 第一次予選では、第2条第1項以外の目的で、優勝者及び入賞者に賞金及び如何なる名目を以てしても、金銭の授受を禁止します。

第8条 (参加する際のドレスコードについて)

プログラムに参加する選手のドレスコードは、基本的にありませんが、明らかに対戦相手を不快にさせる衣服や誹謗中傷文がプリント・刺繍された衣服は禁止させて頂きます。

第9条 (プログラム中の撮影に関して)

プログラム中の撮影は基本的に自由ですが、委員会の承諾なしに、営利目的で撮影した静止画及び動画を撮影した場合には没収及び掲載差し止めをさせて頂きます。但し、個人ブログ及び開催店舗での大会風景の報告を目的とした掲載はこの限りではありません。

第10条 (burn.ロゴ及び名称の使用について)

第一次予選及びプログラムに関して必要である集客を目的とした用途として使用する際には、基本的な制約はありません。但し、ロゴ及び名称を使用して、販売するしないに関わらず、委員会の承諾なしにTシャツ及びポスター及びその他一切の制作物の制作を禁止致します。委員会が公式サイトに掲示している「ポスター」及びサイト用のバナーをご使用下さい。
尚、委員会が用意した物以外に、第一次開催集客の為に別途ポスター及びバナーを作成したい場合には、デザインを委員会へ事前に提出し、委員会がその制作物を承認した場合に限り、使用することが出来るものとします。

第11条 (その他)

本書に記載されていない要項については、随時更新していくものとし、問題が発生した時点で協議の上、最良な方法を検討することとします。

2005年6月10日

burn.Invitational委員会


スポンサーサイト


comment

◆ 2011年人気最新品、新素材入荷!
◆ 信用第一、スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
◆ 送料無料(日本全国) ご注文を期待しています!
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。

★ URL: http://www.loving-bags.com/
★ 店長:板田一郎
★ 連絡先:sales@loving-bags.com/

2011秋.冬新作.chanel.VUITTON.GUCCI.MIUMIU.PRADA.財布專門店
┏バッグ
┏時計
┏財布
┏小物
●在庫情報随時更新!(*^-^*)
◆お客さんたちも大好評です:
◆新品種類がそろっています。
◆S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆品質がよい、価格が低い、実物写真!
◆当社の商品は絶対の自信が御座います。
◆100%品質保証 !
満足保障100%!
◆経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一!
◆超格安価格で、安心、迅速、確実、にお客様の手元にお届け致します。
豊富な品揃えで最新作も随時入荷致しておりますのでごゆっくりとご覧ください。
広大な客を歓迎してご光臨!
↓↓↓
★ URL: http://www.lv-58.com
★ 店長:井口 堀内
★ 連絡先:sales@lv-58.com

エルメスバーキン超N品コピーiburando.com

ブランド激安市場模範店
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ルイヴィトン、シャネル、グッチ、エルメス、クロエ、ブラダ、
ブルガリ ドルチェ&ガッバ―ナ、バレンシアガ、ボッテガ
ヴェネタ偽物(コピー商品)のブランドのバッグ、財布の販売、通販。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
ロレックス、ブルガリ、フランク ミュラー、シャネル、カルティエ、
オメガ、IWC、ルイヴィトン、オーデマ ピゲ、ブライトリング、グッチ、エルメス、
パネライ、パテックフィリップ偽物(コピー商品)のブランドの腕時計の販売、通販。
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
◆主要取扱商品 バッグ、財布、腕時計、ベルト!
◆全国送料一律無料
◆オークション、楽天オークション、売店、卸売りと小売りの第一選択のブランドの店。
■信用第一、良い品質、低価格は 私達の勝ち残りの切り札です。
以上 宜しくお願い致します。(^0^)

■店長:吉田 美娜
■連絡先:sales@iburando.com
■URL:http://www.iburando.com

◆ 2011年人気最新品、新素材入荷!
◆ 信用第一、スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
◆ 送料無料(日本全国) ご注文を期待しています!
◆ S/SS品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆ 当社の商品は絶対の自信が御座います。

★ URL: http://www.loving-bags.com/
★ 店長:板田一郎
★ 連絡先:sales@loving-bags.com/










trackback