2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


久々にゆうに行ったら置いてありました。初投げ。
これも評判はあんまり良いのを聞かないんですが。
とりあえず感想。

セグメント
刺さり易いと思う。当たった時滑り込みやすいような形だから?
そのせいかダーツを抜く時にとげとげが痛い。

ゲーム
新しいのがいくつかあった。
1.ランダムに出てくる数字をあがるもの、失敗するとポールリムが乗ってる木の枝が徐々に折れていき、落ちたらゲームオーバー。結構面白かった。
対戦した時に出てくる数字の不平等感は気になるかも。みんな同じ数字にトライで良いと思うけど。アレンジ練習用。
2.いわゆるフラット1。点数低いほうが勝ち。
3.奇数ラウンドはプラス、偶数はマイナスされるカウントアップとフラット1を合わせたような物。
ローテ、ノミネは無くなってた。1501も無かったかな。
ハイスコア、ゲーム後なら見れたけど普通の状態で見る方法が分からん。

アワード
テーマは同じだけどちょっと豪華になった感じ?ブラックはブラックホールみたいになった(←僕は出してない)。5〜9カウントは反応遅いのにトンはメチャメチャ早く表示される。効果音は多分一緒だけどクリケットでのトリプルが「ピピピ」から普通の「チュチュチュン」だった。

スタッツ
これもあがるまで?だった。ていうかあんまり覚えてない。

その他
コイン飲まれまくりっていう話だったけど漫喫でやったんでそれは未体験。
ゲームの始めと終わりに「LOADING」て出てちょっと時間かかるようになった気がする。
全体に映像が豪華な感じになってるんだけどそれは要らないかなーと。
個人的にはもっとシンプルでサクサクしてた方がいいかな。
ポールリムのアレンジのゲームが面白かった。


スポンサーサイト


comment









trackback